プログラムのダウンロード用のページです

2020/10/27 更新

  1. 月報を作る時に、月の勤務日が、Excel上で確認できる Excel2_9_36sを公開します。pdf資料

  2. POver2_8_91では、勤務時間外の中抜けが記録できるように改修されました。プログラムを置き換えると、中抜けの記録機能がアップします。(中抜けの機能改善の解説はこちら pdf)

  3. プログラムとExcelだけダウンロード(only_two_POver2_8_91_with_Excel_2_9_36s)
    ・現在、Punch_Outを運用中で、年度の途中から「中抜けの記録の改善」と「月の勤務日の確認」機能の、両方を改善される場合は、こちらのセットでダウンロードしてください。

  4. 月の勤務日の確認機能だけを改善されるために、Excel単体の最新バージョンをダウンロードする(Excel_2_9_36s)

  5. 2_9_27Sで印刷される月報の例(pdf)

  6. 文科省の 2020/1/17 に出された指針Q&Aに沿って、超過となる在校等時間を計算するバージョンです。

  1. ソフトの動作を試すデモバージョンです。2_8_91と2_9_35sが同梱されています。

  2. 2018年の6月から10月までの5ヶ月間のダミーデータが入っています。

  3. 特にExcelを使って月報をどのように作るのか、実際に動かしてお試しください。

  4. ver2.8_91のExcelから出力される、新しい月報です。(月報の例pdf

  1. 時間外の中抜けに対応した、校内LANで使うときの入力専用のバージョンです。

  2. このバージョンは入力に特化しているため、ユーザー管理や修正などは、通常のフルバージョンから行います。

  3. 使い方は、校内LANのwindowsの共有フォルダーにフルバージョンと、このSバージョンを入れて、入力用の機械からはSバージョン、教頭先生などが使う管理用の機械からは、通常のフルバージョンを立ち上げて、同じデータフォルダーに出退勤の情報を書き込むようにして使います。

  4. 校内LANで使う場合は、書き込みのスピードが遅かったり、windows updateで無線LANが不安定になり、うまく動かないといったケースがあります。

  5. データベースなどを使った本格的なものではありません。あくまでも簡易なLAN対応として、入力用が1から2台、管理用が1台程度の利用でお使い下さい。

  6. 出退勤管理は、日常、動いて当たり前の環境です。校内LANで運用するときには、十分にテストを行ってから運用するようにしてください。

使用感や要望、改善に向けたご意見などはベクターのコメント欄に書いてお知らせください。

利用規約はここ!

ノートンなどのアンチウイルス系のソフトから、警告がでることがあります。
余り、利用頻度が少ない実行ファイル(.exeの拡張子)にはこういった警告が出るそうです。


一応、サイトはSSL化して安全を期しています。念のために、展開される前に、
もう一度、お手元のアンチウイルスソフトでスキャンして、安全を確かめて利用してください。